わくわくエネルギー教室 みんなで電気を作ろう!(実験例)

 わたしたちの生活に“電気”はなくてはならないものです。“電気”はどのように作られるのでしょうか?
 色々な方法で実際に電気を作ってみましょう!


-1.燃料電池
水素と酸素を特殊な膜に通して反応させ、電気を作る方法が「燃料電池」による発電です。この実験では、まず水を電気分解して水素と酸素をつくり、「燃料電池」を用いて電気を作ります。(水の電気分解は、手まわし発電機、太陽電池などで行います)

-2.レモン電池
レモンの果汁には電気を通す「電解質」という性質があります。レモンの切り口に電極をセットして、リード線で結ぶと、電気が流れます。点電球が点灯することを確かめてみましょう!

-3.太陽電池
ソーラーパネルに太陽光やライトの光を当てると、電気を作ることができます。ソーラーパネルに上手にライトを当ててソーラーカーを動かしてみましょう!

1.燃料電池 2.レモン電池 3.太陽電池


-4.手まわし発電機
手でハンドルをぐるぐるまわして、モーターを回転させ、電気を作ってみましょう!作った電気でプロペラをまわしたり、測定器につないで電圧や電流を確認することができます。

-5.風力発電機
うちわであおいだり、口で吹いたりして、プロペラをまわして電気を作ってみましょう!音と光で発電を確認することができます。

-6.蒸気エンジン
蒸気のエネルギーを利用して、タービンを回転させ、発電します。火力・原子力発電では、蒸気の力で発電を行っています。

4.手まわし発電機 5.風力発電機 6.蒸気エンジン


 これらの実験については、貸し出し教材をご利用いただければ必要機材が揃います。ソーラーカーの手作りなど、お手伝いをいたしますので、下記までご相談ください。