中国地域エネルギー環境教育研究会

TOP > 教師力アップ研修会

本研修会は平成24年7月28日に行われました。たくさんのご参加を頂きありがとうございました。

エネルギー・環境教育フォーラム 教師力アップ研修会

日時 平成24年7月28日(土) 13:00〜16:50
場所 ホテルニューヒロデン 2階「春日」(広島市南区大須賀町14-9)
主催 中国地域エネルギー環境教育研究会、中国地域エネルギーフォーラム
後援 鳥取県教育委員会、島根県教育委員会、岡山県教育委員会、
山口県教育委員会、広島市教育委員会
協賛 広島県教育委員会
参加申込み方法 お申込みをご希望の方は、直接、お電話をお願いいたします。

電話 082-227-1044

申し込み締め切り 7月18日(水)
定員 120名

中国地域エネルギー環境教育研究会は、エネルギーと環境に関する教育を幅広く推進することを目的として、研修会の開催や教材の開発など様々な活動を実施しています。

平成18年、当研究会の設立以来毎年開催しています「教師力アップ研修会」は、皆様のご支援のお陰を持ちまして今年で第6回を迎えることができました。

今回の研修会では、教育界とエネルギー分野でご活躍中の先生方による講演に加え、実際の授業に役立つ実践事例発表を盛り込んでいます。

教育現場の先生方にとって有益な研修会となるよう計画しておりますので、ぜひ多くの先生方にご参加いただきますようお願い申し上げます。

2012年6月

中国地域エネルギー環境教育研究会 会長
広島大学名誉教授

田中 春彦

プログラム

■ 13:05〜14:05 【講演】
後藤 顕一氏
「これからの科学教育
 〜グローバル社会を生き抜く能力を育む〜」
後藤 顕一氏(文部科学省 国立教育政策研究所 教育課程研究センター 総括研究官)
プロフィール
1964年生まれ。1989年に東京学芸大学教育学部化学専修を卒業。2001年教育学修士。埼玉県立松伏高等学校教諭、浦和高等学校教諭を経て、2008年に埼玉県教育局指導主事、09年から現職。国立教育政策研究所では、教育課程の編成に関する基礎的研究、理系進路選択、学校における持続可能な発展のための教育(ESD)の研究などのプロジェクト研究に携わる。専門は化学教育、理科教育。
■ 14:10〜14:50 【実践事例発表】
「中学校理科における発熱反応『金属の酸化』」
松永 武氏(山口大学教育学部付属山口中学校 教諭)
■ 15:00〜16:00 【講演】
内山 洋司氏
「日本のエネルギー問題
 〜資源、技術、経済、環境、安全から考える〜」
内山 洋司氏(筑波大学 システム情報系 教授)
プロフィール
1949年生まれ。1976年に東京工業大学工学部金属工学科を卒業。81年工学博士。(財)電力中央研究所を経て、2000年に筑波大学機能工学系教授、11年に同大システム情報系教授、12年から同大産学リエゾン共同研究センター長。文部科学省 科学技術・学術審議会臨時委員、経済産業省 独立行政法人評価委員会委員(部会長)。エネルギー・資源学会副会長、日本エレクトロヒートセンター副会長。専門はエネルギーシステム分析、ライフサイクル評価。
■ 16:05〜16:45【実践事例発表】
「電気を効率的に使う工夫を考えよう
 〜小学校第6学年『私たちのくらしと電気』での実践を通して〜」
田中 喜一郎氏(岡山大学教育学部附属小学校 教諭)