中国地域エネルギー環境教育研究会

TOP > 教師力アップ研修会

本研修会は平成25年8月3日に行われました。たくさんのご参加を頂きありがとうございました。

平成25年 エネルギー・環境教育フォーラム 教師力アップ研修会

日時 平成25年8月3日(土) 13:00〜16:50
場所 ホテルニューヒロデン 2階「春日」(広島市南区大須賀町14-9)
主催 中国地域エネルギー環境教育研究会、中国地域エネルギーフォーラム
後援 鳥取県教育委員会、島根県教育委員会、岡山県教育委員会、
山口県教育委員会、広島市教育委員会
協賛 広島県教育委員会
定員 100名

中国地域エネルギー環境教育研究会は、エネルギーと環境に関する教育を幅広く推進することを目的として、研修会の開催や教材の開発など様々な活動を実施しています。

平成18年、当研究会の設立以来毎年開催しています「教師力アップ研修会」は、皆様のご支援のお陰を持ちまして今年で第7回を迎えることができました。

今回の研修会では、教育界とエネルギー関連分野でご活躍中の先生方による講演に加え、実際の授業に役立つ実践事例発表を計画しています。また、エネルギー変換や簡易霧箱による放射線の検出(観察)についての演示・体験を盛り込んでいます。

教育現場の先生方にとって有益な研修会となるよう企画しておりますので、ぜひ多くの先生方にご参加いただきますようお願い申し上げます。

2013年7月

中国地域エネルギー環境教育研究会 会長
広島大学名誉教授

田中 春彦

プログラム

■ 13:00〜13:05 【開会行事】
■ 13:05〜14:00 【講演】
角屋 重樹氏
「これからのエネルギー・環境教育 〜ESDの視点から〜」
角屋 重樹氏(日本体育大学 児童スポーツ教育学部 教授)
プロフィール
1949年生まれ。1980年に広島大学大学院教育学研究科博士課程を単位修得退学し、広島大学教育学部助手。宮崎大学教 育学部助教授、文部省初等中等教育局教科調査官を経て、広島大学教育学部教授、同大学院教育学研究科教授、2010年に国立教育政策研究所基礎研究部長、2013年4月から現職。専門は教科教育学、理科教育。
■ 14:05〜15:05 【講演】
寺重 隆視氏
「エネルギー・環境を 楽しく学ぶ」
寺重 隆視氏(広島国際大学 工学部 情報通信学科 教授)
プロフィール
1959年生まれ。1984年に広島大学大学院工学研究科修士課程を修了し、松下電器産業樺央研究所に勤務。広島県立三 次工業高等学校教諭、(独)雇用・能力開発機構を経て、2002年広島国際大学助教授、2008年同教授。専門は電子工学、産業教育学。2000年博士(工学)。2008年にNPO法人三次科学技術教育協会を設立し、専務理事。
■ 15:05〜15:35 【−体験「エネルギー変換」(休憩を含む)−】
■ 15:35〜16:40 【実践事例発表「放射線をどう教えるか」】
発表 「放射線をどう教えるか」   高橋 里美氏(島根大学教育学部附属中学校 教諭)
講義 「放射線教育のポイント」   田中 公夫氏(医学博士)
体験 「霧箱づくり」  栢野 彰秀氏(島根大学教育学部 教授)
■ 16:40〜16:50【意見交換〜閉会行事】